プラスチックの塗装

プラスチックの年間生産量に対し年間有効利用率はかなり上がったものの、リサイクル率は低いままのようです。

プラスチック素材は塗料と同じ高分子材料ですが、必要に応じて大小、複雑な形状の物まで金型成型ができ、あらゆる分野に使用されています。
プラスチック自体は着色が可能で塗装を必要としない物もありますが、パソコン筐体に導電性を付与・デザイン上要求される色彩・意匠性・対候性などの塗装に最も適します。

車は外装部品だけでも多種類のプラスチックが採用されており、問題になるのはバンパーに使用されている難付着性のPPに対する塗装です。
プラスチックは錆びませんが塗料が付着しないことが問題です。
しかし生産ラインでは生産効率・コスト優先のため塗料で解決する方法を選択します。
そこで付着性を向上させるプライマーを開発、下塗りに使用すると難付着性PPも良好な付着性が得られます。