“タレ”を防ぐ塗料のからくり

塗装材料の流動性はパテ・クリヤ・エナメル・分散液に至るまで色々です。

これらは全て流動状態を経て固化します。
平滑な良い外観に仕上げるために塗装方法に合った流動性(粘性と弾性)が必要ですが、大雑把に言うと粘度で液体の流動性を比較します。
絶対粘度は回転粘度計で計測しますが、普通の作業では粘度カップを使用しカップ内の塗料の流出時間を計測します。

樹脂溶液中に微粒子を分散させると小さな力で塗れ、塗装後は粒子の連結で粘度が一気に上昇するため、タレない性質を付与することが可能になります。

流動性にも綺麗に塗るための塗料のからくりがあるということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です