水性塗料・粉体塗料の使用

理想的な環境対応型塗料は水性塗料です。
水は分子量が低いのに蒸発速度は遅いという特殊な液体で、溶剤代わりに水を使用すると樹脂を溶かせないので、一部に水に親和性のある構造を取り入れ溶解、または水中に分散します。
ですが親和性を強くし溶解性を上げると塗膜の耐水性が低下するので(外壁塗装等への使用が難しく)、塗料用樹脂としてコロイダルディスパージョン型・エマルション型を使用しています。

次に水の蒸発速度の遅さに対して自動車ではスプレー時に低粘度、塗着時に高粘度になるよう塗料の設計が成され、たれやアルミニウム顔料のムラを防いで次のクリヤ塗装前には赤外線や熱風を用いて水を蒸発させています。
水性塗料は表面張力が大きいためはじきやわきを生じやすく、一般的な水性塗料では、塗装作業性・成膜性向上のため塗装中に少量の有機溶剤を併用します。

理想的なもう一つの塗料は基本的にVOCゼロの粉体塗料です。
熱硬化性粉体塗料にはエポキシ樹脂系、エポキシ/ポリエステル樹脂系(一般金属用途)、ポリエステル樹脂系、アクリル樹脂系(屋外使用の金属製品)があります。
樹脂、硬化剤の選択には塗膜の性能だけでなく粒子の凝集への配慮が必要です。

問題点としては
●使う側:専用塗装ブース、塗装ガンなどの設備が必要。色替えが面倒、塗膜外観性が劣る等
●供給側:製造に手間がかかる、色合わせが難しく少量多品種生産に向かない、メタリック塗料が造りにくい等

一方で粉体塗料は一回塗りで厚膜塗装も可能、強靭な膜を形成することができる優れた材料でその特性から家電、自動車部品、金属製品等の多分野で活用され、今後の需要増が期待されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です