リフォーム関連の書類

リフォームを依頼する時に禁物なのは、口約束を信頼し過ぎることです。トラブルに発展しかねませんから、約束は必ず書面で取り交わします。業界人でない限り、リフォームの契約書は難解かもしれません。しかし事前に基本を学んでおけば、随分印象も変わるはずです。まず覚えていただきたいのは、書類は3種類に大別できるということです。一つは契約書、二つ目は契約約款、三つ目は見積書です。契約書は説明するまでもありませんが、契約内容における最重要事項が記載されています。契約約款は契約書の詳細版に当たります。こちらで細かな取り決めを確認することが出来ます。例えば施工ミス等が発生した場合の補償のあり方等が示されています。

契約書は熟読して認識の齟齬が無いかを確かめ、見積書は仔細が書き込まれているかを確認します。建材費用や細かな人件費が不透明であれば、お願いして書き入れてもらいます。特に「一式」などと省略されている場合は注意を要します。指摘した上で、単位に応じた価格を算出してもらいましょう。

主要3書類以外にも、設計図面、仕上表、完了確認書、保証書等は目にすることになります。設計図面は平面図と立面図が、仕上表は建材の種類・商品名が記されています。図面は素人には分かりにくいかもしれませんが、奥行きや幅が依頼内容と相違ないかをきちんと確認します。業者によっては3Dで見せてくれるところもあるので、イメージを共有するためにも積極的にお願いしましょう。言うまでもありませんが、上記の書類に加え、打ち合わせ時のメモはきちんと保管しておきます。

トラブルというものはここまで対策しても発生する時は発生しますから、起こった時は冷静に対処するように心掛けましょう。業者と根気よく話し合うことはもとより、消費生活センターやリフォーム紛争処理支援センターとの連絡も選択肢です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です