外壁塗装に纏わるトラブル

優良な業者をそつなく選ぶことが出来ても、工事開始後にトラブルが発生することは十分あり得ます。たとえ悪徳業者でなくても、依頼者のイメージ通りに施工してくれるとは限りませんし、よく分からない建材を使用して追加費用を請求するようなケースは珍しくありません。悪意の有無にかかわらず、依頼者が不透明な計上だと感じれば、そこからトラブルに発展してしまうのです。基本的に見積り額と最終請求額とが異なる場合、業者は説明責任を抱えます。追加費用自体はよくあることなので、業者が丁寧に説明すれば問題とならないこともあります。例えば業者が床下を覗いて腐食を発見した場合、業者が追加工事を施工するのは不自然なことではありません。依頼者もそれを放置したら危険であると説明を受ければ、納得するはずです。但し、追加工事の細かな内訳が付記されていない場合、依頼者が不信感を抱くのは当然のことです。

天候が影響して工期が伸びた時も、トラブルが発生しがちです。また、口頭での約束が後々響いてしまうこともあります。依頼者の防御策としては、先ず以て業者の現物調査を十全に行わせることです。自宅に業者を招き入れるのを不快に思われる方もいらっしゃるでしょうが、見積もりを正確なものにするためには欠かせないプロセスです。またこうした交流を経ることで、業者との信頼関係が醸成されることもあります。信頼関係が育まれると、仕上がりのイメージの共有にも良い効果を齎します。現物調査時にはできるだけ疑問を解消しておきましょう。追加工事の可能性がないかもしつこく尋ねておきます。可能性がある時は、事前に想定額を算出してもらいます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です