業者の選択に当たって

外壁塗装を依頼するに当たって、業者の選択に時間を掛けない人がいます。どこに任せても大差ないだろうと高を括っているのでしょうが、実際は業者間で大きく異なります。塗装の工法の基本はどの業者も守っていますが、細かい工法やノウハウにはばらつきがあります。職人個々人の技量にも差があるため、どの業者を選び、どの職人にお願いするかによって、仕上がりの質は変わってしまうのです。

塗装業は資格や許可を必要としないため、業界に悪徳業者が蔓延っているのも事実です。しかし優良な業者と認定されて国交大臣から工事業許可が下り、大規模事業を受注している業者も存在しますから、依頼者が判断する上で一つの目安になるでしょう。もちろん優良業者だからといって、所属する職人全員が有能であるとは限りません。最終的には個々の技能を信頼する他なく、そのためにも依頼者には独自の調査が求められます。例えば「塗装技能士」と呼ばれる国家資格を有しているかどうかは参考になるでしょう。

業者を選定する時、見積もりを比較することになりますが、実は決まったフォーマットが存在しないため、依頼者としては比較し辛いのが実情です。足場の組み立て費用、養生費用等は大差ありませんが、塗料代や細かい人件費等は、業者の説明が不足すれば不信に繋がってしまいます。工程ごとに細かく説明してくれる業者を選ぶのが無難でしょう。

依頼者が契約に臨む時、対面する人はリフォーム業者であり、塗装職人ではありません。この時、実際に施工する業者と相談することを申し入れましょう。リフォーム業者は顧客獲得のために、必要以上に見積り額を減額しようと試みます。しかしその費用が下請けの施工業者にとって限度を超えたものであれば、黙って安価な材料にすり替えたり、人件費を不当に浮かせたりしかねません。仕上がりの不出来は最終的に依頼者が負うのだと、心得ておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です