塗料の分類

アクリル塗料は安価ですが、透明度が高く、強度もあるため人気を集めています。透明
度が高いということは、色彩が鮮やかに出現することを意味しています。重ね塗りに向い
ている塗料の一つでもありますから、頻繁にリフォームするお宅ではよく使用されます。
ウレタン塗料も安価ですが、アクリルよりも防水性を発揮します。塗膜が柔らかいため
、素地としても利用される塗料です。密着する性質を活かして、剥がれの補強に使用しま
す。
シリコン塗料は水に強く、長年の汚れにも耐久性を発揮します。やや高価ですが、その
耐久性に惚れ込んで使用する業者が多く、最も人気を博している塗料の一つです。
フッ素系塗料は高価で、一般の戸建てに使われることはほとんどありません。優れた耐
久性を誇り、熱や寒さにも強く、燃えにくいという逸品です。業界では値下がりを期待す
る声が高まっており、実現すればシリコンに取って代わると目されています。
無機塗料は有機塗料とは異なり、乾燥や天候の変化にも影響を受けにくい塗料です。「
汚れが雨水で落ちる」という謳い文句を武器にして、近年使用頻度が上昇しています。耐
久年数は最高レベルの20年と言われており、将来主役に躍り出る可能性があります。
その他の塗料としては、遮熱塗料や光触媒塗料が挙げられます。「遮熱」とは、熱を弾
いてしまう性質のことで、遮熱塗料を塗れば夏でも太陽光線を気にすることなく、涼しい
環境で過ごすことが出来ます。光触媒については、太陽光の力で汚れを浮かび上がらせる
という模様が、広告で話題になりました。遮熱塗料と共に、次の時代の塗料になるでしょ
う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です