塗装にかかる費用

外壁をリフォームするにしても、多くの人は予算内で依頼しなければなりません。外壁
全面の塗装を発注すれば、一体どれくらい掛かるものなのでしょうか。よく見られる2階
建ての住宅を例にとりましょう。屋根まで含めれば100万円前後に達することは間違いあ
りません。それでも様々な工夫を凝らして、何とか減額することは可能です。例えば塗料
を変えたり、重ね塗りを減らしたりすれば、想定を下回る見積りになることもあります。
特にフッ素塗料などを誤って使用しないように気を付けましょう。最高級の塗料で仕上げ
てしまうと、100万円に収めることは不可能です。リフォーム費用の内訳は、塗料・各種
資材が20%、足場代が20%、人件費と雑費がそれぞれ30%と考えればよいでしょう。業者
によって細部は異なるものの、大きくかけ離れることはないはずです。裏を返せば、見積
もりの時点でこの内訳から逸脱している場合、その業者を厳しく調査した方が無難です。
塗装業者に見積もりをお願いしたい場合は、現地調査を申し込み、自宅の外壁を詳しく
見てもらいます。業者は劣化の程度に応じて工事内容を定め、費用を算出しますから、そ
の結果を調査診断書、仕様書という形式で確認します。これらの書式は無料ですから、躊
躇せずに要求することが大切です。中には現地調査を省き、ネットやメールで家主から収
集した情報を基に見積もりを作成する業者もありますが、信用できるものではありません
。現物を見ずに算出するのはあまりにも無謀だからです。
見積書は調査診断書、仕様書を軸にして作成します。その際、細かな工程ごとに算出し
てもらうようにお願いしてみましょう。「~一式」で済まされてしまうと、どの工程にど
れくらいの費用が掛かっているのか分からず、後のトラブルに繋がってしまいます。単価
や数量を記載してもらうと証拠として心強いので、是非そのように要求して下さい。また
、見積もりの時点で追加請求の有無も確認しておくべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です