外壁塗装の流行

昔とは違い、現代は自宅のデザインや見栄えに拘る時代です。老朽化すれば、その外観を更新したくなるのは当然でしょう。実際外壁塗装の業者に仕事を依頼するケースは増加しており、リクエストも多様化しています。業者も流行の波に遅れまいと、それらのリクエストに応えようと努力し、各社がノウハウを積み上げてきました。ですから依頼者としては、すなわち消費者としては、外壁塗装に関する知識や業界の実態、慣習を調べておくことも大切だと思われます。

読者の中には自宅が新築だという人もいるでしょう。しかしどんなに綺麗な家であっても、経年劣化を避けることはできません。変色はもちろんのこと、カビが繁殖したり、雨漏りが頻発したりして、そのままにはしておけない状態に陥ります。つまり家を所有すれば、必ずリフォームしなければならない時期が訪れるのです。限界が近づけば業者に連絡することになりますが、心配は尽きません。悪徳業者であるかどうか、職人の能力は十分か否かを見極める術を知る人は少ないでしょう。とまれ最初に知りたいのは相場だと思われます。塗装業は極言すれば、塗料をマニュアル通りに壁に塗る仕事です。ですから塗料の価格や人件費等に相場があるのは自然なことです。実はこの相場に関して、塗装業界は情報開示が遅れています。現況を嘆く声も上がり始めていることから、日本建築匠士会も設立されましたが、依然協力的でない業者が多数存在します。当面は消費者自身で情報収集する他ないのです。

悪徳業者がよく見られるのは、訪問販売においてであると言えます。一般には知られていませんが、塗装業は登録制ではありません。ですからリフォームに少しでも関わっている業者であれば、簡単に参入してしまうのが実情です。専門家でもないのに消費者を不安に陥れ、受注しようとする業者が後を絶ちません。訪問販売時に初期費用を支払うようなことはありませんから、注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です