スプレー塗装

スプレーによる塗装は、今一般的となっているものの、静電気の力を利用してスプレーを行う方法もあるようで、より正確に電気の力を使って行う方法が、出来つつあるというふうに考えて良いようです。一般的に、電気が少ない環境の方が、塗装はしやすいなどという風に言われる中で、静電スプレーの場合には、電気を用いてスプレーをするという点が、大きな特徴であるという風に言えるかもしれません。取り分け、他のハケを用いて塗ったり、一般的なスプレーなどを用いて塗ったりする場合とは、大きく異なり、非常に効率よく行うことができるという点も、相当アドバンテージがある部分では、あるのではないかと考えられるわけです。塗装業界においては、とにかく、静電気をなるべく持ち込まないようにというような動きがあるわけですが、一方で、うまく活用し、適切に用いることができれば、スプレーの方法として用いることが出来るわけです。しかし、そんな中でも、とりょうというものは生物であるため、塗料の状態や具合などが予想もしないような変化を起こしてしまうというような場合は、しばしばあるという風に言われているわけです。塗装の場合には、とりわけ小さな穴などが空いていることは、 NG とされており、気泡が抜けた穴や様々な原因で穴が広がってしまうなどが起こる可能性があります。特に、外壁塗装や屋根の塗装などである場合には、元々壁に張り付いていたゴミや、空気などがスプレーを吹き付けられて固まったことで、中に残ってしまい、それが自然と外に出てくることで穴となってしまっているようなケースもあるそうです。このような場合では、空気だけではなく、水分やガスなどが混入している場合もあるため、修正するのが難しいというような話も聞きますし、この直接の原因が塗料自体にあるという風に言われる場合もあるため、未然に防ぐためには、なるべく、塗料の配合を含めて慎重に扱うということが重要だと私は考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です