塗装の活躍

塗装が最も大々的に活躍するというふうにされることも多い、大きな橋を作る場合などでも、基本的には塗装は、全て工場でペインティングされ、しっかりとした作業工程や図表などを完成させた上で、どのような部分をどれくらいの期間で塗っていくのかということを計算した上で、ひとつひとつのパーツをペイントする形で組み立てていくという方式をとることが多い、という風に言われているようです。大橋だけに関わらず、多くの市民を見守ってきた電波塔なども、塗装をし直す必要がしばしば出てくることが多く大きなタワーである場合には、2年に1回の割合で、全ての塗装を塗り直さなければいけない必要もあるなど、難しい問題を抱えております。それは、塗装のサイクルを早めることで、内側にある、鉄分の錆を防ぐ事が出来たりする他、細かな点検をすることができるなどの意味でも、メリットが多い、という風に言えるわけです。日本で一番、大きな電波塔などの場合には、塗装面積が非常に広くなってしまうため、環境汚染物質などを大気中に放ってしまうことに対する、懸念などが言われることが多いという風にも考えられるわけですが、このような物質が、光化学スモッグなどというような、現代的な病気を招く物質をばら撒き金ないと言う点は認めざるを得ない部分であるかもしれません。しかしながら、最近では、大気汚染に関する法律が改正されるなどして、かなり改善の余地が見られつつある、という風に言えるかもしれません。このようにして、大気汚染を未然に防ぐことに、電波塔であっても協力しなければならないというわけです。 日本は、島国であるという性質上から、どうしても昔から船に頼らなければ、周囲の情報を得ることはできないという風に言われてきたわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です