日本の歴史と塗装

日本の歴史に船は欠かせないものであったという風に言われるわけですが、その船に対しての塗装は長い歴史があるという風に言えるのではないでしょうか。江戸時代頃から、船に関する塗装の本などが求められるようになった、という風にも言われているようですが、日本は、その船に関する塗装技術においては世界のパイオニアであるという風に言い切ってしまってもいいかもしれません。様々な海や、海水の温度に耐えうるだけの塗装をするという点においては、他の追随を許さない技術があるという風に言っていいわけです。とりわけ、大きな船大型船などを塗装する際にはその技術が、最も活かされているものの一つである、という風に言ってしまっていいのではないでしょうか。大型船などの場合には、船の工場を細かく分けていき、それを別の場所で組み立てて、最後に統合するような形で作成していることが多い、という風に言われているようです。ドッグに運び込まれるまでには、様々な工程があるというふうに知られているわけですが、塗装においては海水という極めて難しいものに耐えうるだけの作業をしなければならないというのが課題とされています。海水は腐食を進める、最も強い者であるという風にも言えるため、修理が必要だと言えるでしょう。また、海水が触れている船の底部分だけではなく、上の部分なども、きちんと保護をしておかなければ、潮風などの影響を直に受けてしまう可能性があるというふうに考えられるのではないでしょうか。このようなポイントを踏まえれば、きちんとしておかなければ難しい部分が多いというふうに考えられるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です