日本の歴史と塗装

日本の歴史に船は欠かせないものであったという風に言われるわけですが、その船に対しての塗装は長い歴史があるという風に言えるのではないでしょうか。江戸時代頃から、船に関する塗装の本などが求められるようになった、という風にも言われているようですが、日本は、その船に関する塗装技術においては世界のパイオニアであるという風に言い切ってしまってもいいかもしれません。様々な海や、海水の温度に耐えうるだけの塗装をするという点においては、他の追随を許さない技術があるという風に言っていいわけです。とりわけ、大きな船大型船などを塗装する際にはその技術が、最も活かされているものの一つである、という風に言ってしまっていいのではないでしょうか。大型船などの場合には、船の工場を細かく分けていき、それを別の場所で組み立てて、最後に統合するような形で作成していることが多い、という風に言われているようです。ドッグに運び込まれるまでには、様々な工程があるというふうに知られているわけですが、塗装においては海水という極めて難しいものに耐えうるだけの作業をしなければならないというのが課題とされています。海水は腐食を進める、最も強い者であるという風にも言えるため、修理が必要だと言えるでしょう。また、海水が触れている船の底部分だけではなく、上の部分なども、きちんと保護をしておかなければ、潮風などの影響を直に受けてしまう可能性があるというふうに考えられるのではないでしょうか。このようなポイントを踏まえれば、きちんとしておかなければ難しい部分が多いというふうに考えられるでしょう。

塗装の活躍

塗装が最も大々的に活躍するというふうにされることも多い、大きな橋を作る場合などでも、基本的には塗装は、全て工場でペインティングされ、しっかりとした作業工程や図表などを完成させた上で、どのような部分をどれくらいの期間で塗っていくのかということを計算した上で、ひとつひとつのパーツをペイントする形で組み立てていくという方式をとることが多い、という風に言われているようです。大橋だけに関わらず、多くの市民を見守ってきた電波塔なども、塗装をし直す必要がしばしば出てくることが多く大きなタワーである場合には、2年に1回の割合で、全ての塗装を塗り直さなければいけない必要もあるなど、難しい問題を抱えております。それは、塗装のサイクルを早めることで、内側にある、鉄分の錆を防ぐ事が出来たりする他、細かな点検をすることができるなどの意味でも、メリットが多い、という風に言えるわけです。日本で一番、大きな電波塔などの場合には、塗装面積が非常に広くなってしまうため、環境汚染物質などを大気中に放ってしまうことに対する、懸念などが言われることが多いという風にも考えられるわけですが、このような物質が、光化学スモッグなどというような、現代的な病気を招く物質をばら撒き金ないと言う点は認めざるを得ない部分であるかもしれません。しかしながら、最近では、大気汚染に関する法律が改正されるなどして、かなり改善の余地が見られつつある、という風に言えるかもしれません。このようにして、大気汚染を未然に防ぐことに、電波塔であっても協力しなければならないというわけです。 日本は、島国であるという性質上から、どうしても昔から船に頼らなければ、周囲の情報を得ることはできないという風に言われてきたわけです。

スプレー塗装

スプレーによる塗装は、今一般的となっているものの、静電気の力を利用してスプレーを行う方法もあるようで、より正確に電気の力を使って行う方法が、出来つつあるというふうに考えて良いようです。一般的に、電気が少ない環境の方が、塗装はしやすいなどという風に言われる中で、静電スプレーの場合には、電気を用いてスプレーをするという点が、大きな特徴であるという風に言えるかもしれません。取り分け、他のハケを用いて塗ったり、一般的なスプレーなどを用いて塗ったりする場合とは、大きく異なり、非常に効率よく行うことができるという点も、相当アドバンテージがある部分では、あるのではないかと考えられるわけです。塗装業界においては、とにかく、静電気をなるべく持ち込まないようにというような動きがあるわけですが、一方で、うまく活用し、適切に用いることができれば、スプレーの方法として用いることが出来るわけです。しかし、そんな中でも、とりょうというものは生物であるため、塗料の状態や具合などが予想もしないような変化を起こしてしまうというような場合は、しばしばあるという風に言われているわけです。塗装の場合には、とりわけ小さな穴などが空いていることは、 NG とされており、気泡が抜けた穴や様々な原因で穴が広がってしまうなどが起こる可能性があります。特に、外壁塗装や屋根の塗装などである場合には、元々壁に張り付いていたゴミや、空気などがスプレーを吹き付けられて固まったことで、中に残ってしまい、それが自然と外に出てくることで穴となってしまっているようなケースもあるそうです。このような場合では、空気だけではなく、水分やガスなどが混入している場合もあるため、修正するのが難しいというような話も聞きますし、この直接の原因が塗料自体にあるという風に言われる場合もあるため、未然に防ぐためには、なるべく、塗料の配合を含めて慎重に扱うということが重要だと私は考えています。

塗装方法の類別

塗装の方法として一番楽な方法と言ってしまってもいいのは、スプレーの噴射を用いたスプレーのりという方法ではないでしょうか。粘度が低い塗料であればそれを霧状にして吹きかけることで、スプレーするというような方法が取られており、液体を紐状にして噴出することで、空気と衝突することで細かな霧状のスプレーになるというふうに考えられるわけです。そして、スプレーをする方法にも様々な方法があり、エアスプレーと呼ばれる空気を用いた圧縮空気の衝突によって、液体を送り出す方法がいつ最も一般的であるという風に言えるようです。加圧した空気を強くすればするほど、スプレーがきめ細かなものになり、例えば、細かな場所であったり、複雑な加工物などをスプレーする際には、このような方法をとるのが良いというふうに考えられています。このようにすると、仕上がった時の雰囲気も非常に良いでしょう。他にも、空気を使わないエアレスな、スプレー方式もあり、このようなものは、塗料と呼ばれる液体そのものに非常に強い圧力をかけて、一気に噴き出すというようなもので、人の皮膚や身体などを貫通する位に、強い圧力をかけているものもあるため、非常に慎重に扱わなくてはならないでしょう。このように考えると、扱いに気をつけなければならないぶん、効果も高く非常に精密で綺麗に仕上げることができるのがエアレススプレー方式の特徴といえるかもしれません。この方法は、その他のパターンと比べて、圧倒的に無駄な塗料を出さずにすむため、実行する人が多いという風にも聞いたことはあるような気がします。

外壁塗装の流行

昔とは違い、現代は自宅のデザインや見栄えに拘る時代です。老朽化すれば、その外観を更新したくなるのは当然でしょう。実際外壁塗装の業者に仕事を依頼するケースは増加しており、リクエストも多様化しています。業者も流行の波に遅れまいと、それらのリクエストに応えようと努力し、各社がノウハウを積み上げてきました。ですから依頼者としては、すなわち消費者としては、外壁塗装に関する知識や業界の実態、慣習を調べておくことも大切だと思われます。

読者の中には自宅が新築だという人もいるでしょう。しかしどんなに綺麗な家であっても、経年劣化を避けることはできません。変色はもちろんのこと、カビが繁殖したり、雨漏りが頻発したりして、そのままにはしておけない状態に陥ります。つまり家を所有すれば、必ずリフォームしなければならない時期が訪れるのです。限界が近づけば業者に連絡することになりますが、心配は尽きません。悪徳業者であるかどうか、職人の能力は十分か否かを見極める術を知る人は少ないでしょう。とまれ最初に知りたいのは相場だと思われます。塗装業は極言すれば、塗料をマニュアル通りに壁に塗る仕事です。ですから塗料の価格や人件費等に相場があるのは自然なことです。実はこの相場に関して、塗装業界は情報開示が遅れています。現況を嘆く声も上がり始めていることから、日本建築匠士会も設立されましたが、依然協力的でない業者が多数存在します。当面は消費者自身で情報収集する他ないのです。

悪徳業者がよく見られるのは、訪問販売においてであると言えます。一般には知られていませんが、塗装業は登録制ではありません。ですからリフォームに少しでも関わっている業者であれば、簡単に参入してしまうのが実情です。専門家でもないのに消費者を不安に陥れ、受注しようとする業者が後を絶ちません。訪問販売時に初期費用を支払うようなことはありませんから、注意しましょう。

塗装にかかる費用

外壁をリフォームするにしても、多くの人は予算内で依頼しなければなりません。外壁
全面の塗装を発注すれば、一体どれくらい掛かるものなのでしょうか。よく見られる2階
建ての住宅を例にとりましょう。屋根まで含めれば100万円前後に達することは間違いあ
りません。それでも様々な工夫を凝らして、何とか減額することは可能です。例えば塗料
を変えたり、重ね塗りを減らしたりすれば、想定を下回る見積りになることもあります。
特にフッ素塗料などを誤って使用しないように気を付けましょう。最高級の塗料で仕上げ
てしまうと、100万円に収めることは不可能です。リフォーム費用の内訳は、塗料・各種
資材が20%、足場代が20%、人件費と雑費がそれぞれ30%と考えればよいでしょう。業者
によって細部は異なるものの、大きくかけ離れることはないはずです。裏を返せば、見積
もりの時点でこの内訳から逸脱している場合、その業者を厳しく調査した方が無難です。
塗装業者に見積もりをお願いしたい場合は、現地調査を申し込み、自宅の外壁を詳しく
見てもらいます。業者は劣化の程度に応じて工事内容を定め、費用を算出しますから、そ
の結果を調査診断書、仕様書という形式で確認します。これらの書式は無料ですから、躊
躇せずに要求することが大切です。中には現地調査を省き、ネットやメールで家主から収
集した情報を基に見積もりを作成する業者もありますが、信用できるものではありません
。現物を見ずに算出するのはあまりにも無謀だからです。
見積書は調査診断書、仕様書を軸にして作成します。その際、細かな工程ごとに算出し
てもらうようにお願いしてみましょう。「~一式」で済まされてしまうと、どの工程にど
れくらいの費用が掛かっているのか分からず、後のトラブルに繋がってしまいます。単価
や数量を記載してもらうと証拠として心強いので、是非そのように要求して下さい。また
、見積もりの時点で追加請求の有無も確認しておくべきです。

塗料の分類

アクリル塗料は安価ですが、透明度が高く、強度もあるため人気を集めています。透明
度が高いということは、色彩が鮮やかに出現することを意味しています。重ね塗りに向い
ている塗料の一つでもありますから、頻繁にリフォームするお宅ではよく使用されます。
ウレタン塗料も安価ですが、アクリルよりも防水性を発揮します。塗膜が柔らかいため
、素地としても利用される塗料です。密着する性質を活かして、剥がれの補強に使用しま
す。
シリコン塗料は水に強く、長年の汚れにも耐久性を発揮します。やや高価ですが、その
耐久性に惚れ込んで使用する業者が多く、最も人気を博している塗料の一つです。
フッ素系塗料は高価で、一般の戸建てに使われることはほとんどありません。優れた耐
久性を誇り、熱や寒さにも強く、燃えにくいという逸品です。業界では値下がりを期待す
る声が高まっており、実現すればシリコンに取って代わると目されています。
無機塗料は有機塗料とは異なり、乾燥や天候の変化にも影響を受けにくい塗料です。「
汚れが雨水で落ちる」という謳い文句を武器にして、近年使用頻度が上昇しています。耐
久年数は最高レベルの20年と言われており、将来主役に躍り出る可能性があります。
その他の塗料としては、遮熱塗料や光触媒塗料が挙げられます。「遮熱」とは、熱を弾
いてしまう性質のことで、遮熱塗料を塗れば夏でも太陽光線を気にすることなく、涼しい
環境で過ごすことが出来ます。光触媒については、太陽光の力で汚れを浮かび上がらせる
という模様が、広告で話題になりました。遮熱塗料と共に、次の時代の塗料になるでしょ
う。

業者の選択に当たって

外壁塗装を依頼するに当たって、業者の選択に時間を掛けない人がいます。どこに任せても大差ないだろうと高を括っているのでしょうが、実際は業者間で大きく異なります。塗装の工法の基本はどの業者も守っていますが、細かい工法やノウハウにはばらつきがあります。職人個々人の技量にも差があるため、どの業者を選び、どの職人にお願いするかによって、仕上がりの質は変わってしまうのです。

塗装業は資格や許可を必要としないため、業界に悪徳業者が蔓延っているのも事実です。しかし優良な業者と認定されて国交大臣から工事業許可が下り、大規模事業を受注している業者も存在しますから、依頼者が判断する上で一つの目安になるでしょう。もちろん優良業者だからといって、所属する職人全員が有能であるとは限りません。最終的には個々の技能を信頼する他なく、そのためにも依頼者には独自の調査が求められます。例えば「塗装技能士」と呼ばれる国家資格を有しているかどうかは参考になるでしょう。

業者を選定する時、見積もりを比較することになりますが、実は決まったフォーマットが存在しないため、依頼者としては比較し辛いのが実情です。足場の組み立て費用、養生費用等は大差ありませんが、塗料代や細かい人件費等は、業者の説明が不足すれば不信に繋がってしまいます。工程ごとに細かく説明してくれる業者を選ぶのが無難でしょう。

依頼者が契約に臨む時、対面する人はリフォーム業者であり、塗装職人ではありません。この時、実際に施工する業者と相談することを申し入れましょう。リフォーム業者は顧客獲得のために、必要以上に見積り額を減額しようと試みます。しかしその費用が下請けの施工業者にとって限度を超えたものであれば、黙って安価な材料にすり替えたり、人件費を不当に浮かせたりしかねません。仕上がりの不出来は最終的に依頼者が負うのだと、心得ておきましょう。

外壁塗装に纏わるトラブル

優良な業者をそつなく選ぶことが出来ても、工事開始後にトラブルが発生することは十分あり得ます。たとえ悪徳業者でなくても、依頼者のイメージ通りに施工してくれるとは限りませんし、よく分からない建材を使用して追加費用を請求するようなケースは珍しくありません。悪意の有無にかかわらず、依頼者が不透明な計上だと感じれば、そこからトラブルに発展してしまうのです。基本的に見積り額と最終請求額とが異なる場合、業者は説明責任を抱えます。追加費用自体はよくあることなので、業者が丁寧に説明すれば問題とならないこともあります。例えば業者が床下を覗いて腐食を発見した場合、業者が追加工事を施工するのは不自然なことではありません。依頼者もそれを放置したら危険であると説明を受ければ、納得するはずです。但し、追加工事の細かな内訳が付記されていない場合、依頼者が不信感を抱くのは当然のことです。

天候が影響して工期が伸びた時も、トラブルが発生しがちです。また、口頭での約束が後々響いてしまうこともあります。依頼者の防御策としては、先ず以て業者の現物調査を十全に行わせることです。自宅に業者を招き入れるのを不快に思われる方もいらっしゃるでしょうが、見積もりを正確なものにするためには欠かせないプロセスです。またこうした交流を経ることで、業者との信頼関係が醸成されることもあります。信頼関係が育まれると、仕上がりのイメージの共有にも良い効果を齎します。現物調査時にはできるだけ疑問を解消しておきましょう。追加工事の可能性がないかもしつこく尋ねておきます。可能性がある時は、事前に想定額を算出してもらいます。

 

 

リフォーム関連の書類

リフォームを依頼する時に禁物なのは、口約束を信頼し過ぎることです。トラブルに発展しかねませんから、約束は必ず書面で取り交わします。業界人でない限り、リフォームの契約書は難解かもしれません。しかし事前に基本を学んでおけば、随分印象も変わるはずです。まず覚えていただきたいのは、書類は3種類に大別できるということです。一つは契約書、二つ目は契約約款、三つ目は見積書です。契約書は説明するまでもありませんが、契約内容における最重要事項が記載されています。契約約款は契約書の詳細版に当たります。こちらで細かな取り決めを確認することが出来ます。例えば施工ミス等が発生した場合の補償のあり方等が示されています。

契約書は熟読して認識の齟齬が無いかを確かめ、見積書は仔細が書き込まれているかを確認します。建材費用や細かな人件費が不透明であれば、お願いして書き入れてもらいます。特に「一式」などと省略されている場合は注意を要します。指摘した上で、単位に応じた価格を算出してもらいましょう。

主要3書類以外にも、設計図面、仕上表、完了確認書、保証書等は目にすることになります。設計図面は平面図と立面図が、仕上表は建材の種類・商品名が記されています。図面は素人には分かりにくいかもしれませんが、奥行きや幅が依頼内容と相違ないかをきちんと確認します。業者によっては3Dで見せてくれるところもあるので、イメージを共有するためにも積極的にお願いしましょう。言うまでもありませんが、上記の書類に加え、打ち合わせ時のメモはきちんと保管しておきます。

トラブルというものはここまで対策しても発生する時は発生しますから、起こった時は冷静に対処するように心掛けましょう。業者と根気よく話し合うことはもとより、消費生活センターやリフォーム紛争処理支援センターとの連絡も選択肢です。