業者の選択に当たって

外壁塗装を依頼するに当たって、業者の選択に時間を掛けない人がいます。どこに任せても大差ないだろうと高を括っているのでしょうが、実際は業者間で大きく異なります。塗装の工法の基本はどの業者も守っていますが、細かい工法やノウハウにはばらつきがあります。職人個々人の技量にも差があるため、どの業者を選び、どの職人にお願いするかによって、仕上がりの質は変わってしまうのです。

塗装業は資格や許可を必要としないため、業界に悪徳業者が蔓延っているのも事実です。しかし優良な業者と認定されて国交大臣から工事業許可が下り、大規模事業を受注している業者も存在しますから、依頼者が判断する上で一つの目安になるでしょう。もちろん優良業者だからといって、所属する職人全員が有能であるとは限りません。最終的には個々の技能を信頼する他なく、そのためにも依頼者には独自の調査が求められます。例えば「塗装技能士」と呼ばれる国家資格を有しているかどうかは参考になるでしょう。

業者を選定する時、見積もりを比較することになりますが、実は決まったフォーマットが存在しないため、依頼者としては比較し辛いのが実情です。足場の組み立て費用、養生費用等は大差ありませんが、塗料代や細かい人件費等は、業者の説明が不足すれば不信に繋がってしまいます。工程ごとに細かく説明してくれる業者を選ぶのが無難でしょう。

依頼者が契約に臨む時、対面する人はリフォーム業者であり、塗装職人ではありません。この時、実際に施工する業者と相談することを申し入れましょう。リフォーム業者は顧客獲得のために、必要以上に見積り額を減額しようと試みます。しかしその費用が下請けの施工業者にとって限度を超えたものであれば、黙って安価な材料にすり替えたり、人件費を不当に浮かせたりしかねません。仕上がりの不出来は最終的に依頼者が負うのだと、心得ておきましょう。

外壁塗装に纏わるトラブル

優良な業者をそつなく選ぶことが出来ても、工事開始後にトラブルが発生することは十分あり得ます。たとえ悪徳業者でなくても、依頼者のイメージ通りに施工してくれるとは限りませんし、よく分からない建材を使用して追加費用を請求するようなケースは珍しくありません。悪意の有無にかかわらず、依頼者が不透明な計上だと感じれば、そこからトラブルに発展してしまうのです。基本的に見積り額と最終請求額とが異なる場合、業者は説明責任を抱えます。追加費用自体はよくあることなので、業者が丁寧に説明すれば問題とならないこともあります。例えば業者が床下を覗いて腐食を発見した場合、業者が追加工事を施工するのは不自然なことではありません。依頼者もそれを放置したら危険であると説明を受ければ、納得するはずです。但し、追加工事の細かな内訳が付記されていない場合、依頼者が不信感を抱くのは当然のことです。

天候が影響して工期が伸びた時も、トラブルが発生しがちです。また、口頭での約束が後々響いてしまうこともあります。依頼者の防御策としては、先ず以て業者の現物調査を十全に行わせることです。自宅に業者を招き入れるのを不快に思われる方もいらっしゃるでしょうが、見積もりを正確なものにするためには欠かせないプロセスです。またこうした交流を経ることで、業者との信頼関係が醸成されることもあります。信頼関係が育まれると、仕上がりのイメージの共有にも良い効果を齎します。現物調査時にはできるだけ疑問を解消しておきましょう。追加工事の可能性がないかもしつこく尋ねておきます。可能性がある時は、事前に想定額を算出してもらいます。

 

 

リフォーム関連の書類

リフォームを依頼する時に禁物なのは、口約束を信頼し過ぎることです。トラブルに発展しかねませんから、約束は必ず書面で取り交わします。業界人でない限り、リフォームの契約書は難解かもしれません。しかし事前に基本を学んでおけば、随分印象も変わるはずです。まず覚えていただきたいのは、書類は3種類に大別できるということです。一つは契約書、二つ目は契約約款、三つ目は見積書です。契約書は説明するまでもありませんが、契約内容における最重要事項が記載されています。契約約款は契約書の詳細版に当たります。こちらで細かな取り決めを確認することが出来ます。例えば施工ミス等が発生した場合の補償のあり方等が示されています。

契約書は熟読して認識の齟齬が無いかを確かめ、見積書は仔細が書き込まれているかを確認します。建材費用や細かな人件費が不透明であれば、お願いして書き入れてもらいます。特に「一式」などと省略されている場合は注意を要します。指摘した上で、単位に応じた価格を算出してもらいましょう。

主要3書類以外にも、設計図面、仕上表、完了確認書、保証書等は目にすることになります。設計図面は平面図と立面図が、仕上表は建材の種類・商品名が記されています。図面は素人には分かりにくいかもしれませんが、奥行きや幅が依頼内容と相違ないかをきちんと確認します。業者によっては3Dで見せてくれるところもあるので、イメージを共有するためにも積極的にお願いしましょう。言うまでもありませんが、上記の書類に加え、打ち合わせ時のメモはきちんと保管しておきます。

トラブルというものはここまで対策しても発生する時は発生しますから、起こった時は冷静に対処するように心掛けましょう。業者と根気よく話し合うことはもとより、消費生活センターやリフォーム紛争処理支援センターとの連絡も選択肢です。

 

 

リフォームの相場

お店のリフォームは特別オーダーとして発注、受注するのが常です。従って、相場と言えるものは無いとも考えられますが、多くの店のリフォーム(厨房を除く)が数十万円で行われているのが実情です。既存設備に手を加えなければ、どの店も手軽にリフォームできるものなのです。特に坪数が小さければ踏み切りやすいでしょう。工事費用の大半を坪数が決定づけるからです。ちなみに坪単価の平均は6万円前後のようですが、業態によって異なります。

例えばオフィス、雑貨店、アパレル店、薬局等の、比較的狭いお店、単純な小売店のリフォームは20万円前後で可能です。美容院やネイルサロンのような水回りの設備が必要な店舗は20坪前後で30万円以上かかります。そして更に加算されるのは飲食店です。厨房設備があれば工事費用は相当分上がります。レストラン、カフェ、居酒屋等の飲食店は単純に坪数で算出できませんが、20坪前後で40万円くらいを見込まなければなりません。また上述した費用は単純な既存店舗に限られます。設備が複雑であったり、新規購入したりする場合は、さらに10倍程度の費用が発生することもあります。

以上のように、飲食店のリフォームを考えるのであれば、厨房の工事にどの程度充てられるかが鍵だと言えます。工事費用の4割近くを厨房が占めるわけですから、新規開業する場合は厨房が整った居抜き物件を探すと、リフォーム代を大きく節約できるかもしれません。但し居抜き物件の項でも述べた通り、何故居抜き物件として売られているのかは買い手には見抜きにくいものです。ひょっとすると立地条件が想像以上に悪いのかもしれません。安易に選ばず、売りに出された経緯を事前に調査するなどして慎重に判断する必要があります。

 

塗料の種類

アクリル塗料は合成樹脂がアクリルで出来ている塗料です。安価ですが透明で強度が高いという特徴を有し、塗ると色彩鮮やかな壁を作ることができます。重ね塗りもできることから、塗装工事を繰り返す場合には重宝されます。ただ最近は耐久性の高い塗料に人気が集まり、アクリル塗料の出番は減少しています。

ウレタン塗料は合成樹脂がウレタンで出来ている塗料です。アクリルと同様に安価ですが、相応の防水性は認められます。塗膜が柔らかく、重ね塗りの素地としても有用な上、高価な塗料よりも密着性に優れており、剥がれの補強には最適です。

シリコン塗料は合成樹脂がシリコンで出来ている塗料です。耐水性、対候性、耐久性の全てに秀でており、汚れにも強いことから高い人気を誇ります。値段はやや張りますが、価格以上の働きを見せるシリコンは間違いなく外壁塗装の主役です。

フッ素系塗料は合成樹脂がフッ素系で出来ている塗料です。耐久性に優れており、耐熱性、耐寒性、不燃性なども期待できる高級品です。値段が高いため一般家庭では中々使用されませんが、今後値下がりさえすればシリコンに置き換わる可能性のある塗料として、注目されています。

無機塗料は、アクリルやウレタンといった有機塗料の弱点である乾燥、悪天候にも強い、無機化合物が混合された塗料です。劣化に耐え、天候をものともせず、汚れは雨水で落ち、その上燃えにくい塗料とされ、正に万能型の塗料と言えます。最高級品で20年を超える耐久性を有し、次世代の塗料として期待されています。

無機塗料以外に次世代の塗料として紹介したいのは、遮熱塗料、光触媒塗料です。遮熱塗料は太陽熱を弾き、真夏でも室温を急上昇させません。光触媒塗料はCMを介して有名になりましたが、太陽光で汚れを浮かせ、雨水で落とすはたらきをもつ優れものです。

トラブルが生じたら

慎重に業者を選んだとしても、トラブルが起こらないとは限りません。いわゆる悪徳業者を選ばないことが何よりも大切ですが、優良な業者であっても依頼主のイメージを正確に把握していない場合や、素人には見覚えも聞き覚えもない建材を使用した場合、職人技術の価格設定が不透明な場合等には、仕上がりや総費用に納得のいかない依頼主との間でトラブルは起こり得ます。特によく見られるのは、追加費用にまつわるトラブルの発生です。見積金額と請求額とが齟齬をきたしている場合、詐欺にあったのかと、依頼主の不安は増幅します。しかしながら追加費用そのものは珍しくありません。例えば床を開けて初めて躯体が腐食していることが判明した場合には、業者も予見できなかった補強工事が必要です。また、天候の影響等で工事が長引いた場合、請求額そのものが変わらずとも、改築中の余計な賃料が発生することになります。他にも「工事中の見学時にお願いしたのに反故にされた」というような、契約書面外の口約束にまつわるトラブルも後を絶ちません。

こうしたトラブルを避けるためには、第一に事前調査を十二分に行うことが大切です。自分が依頼した業者とはいえ、赤の他人に自宅やオフィスを探索されたくないという人も多いのですが、調査に積極的に協力することは欠かせません。また仕上がりのイメージを具現化してもらうためにもコミュニケーションを怠るべきではありません。打ち合わせには多くの時間を割き、疑問はできるだけ残さないように心掛けます。

第二に予め追加工事を想定した見積もりを依頼することが挙げられます。躯体構造までは事前調査で把握できないため、万一工事開始後に問題が発見されればどれくらいの費用が新たに発生するのかを、事前に説明してもらうことが肝要です。

 

 

通風と換気

日本の住宅は,日照とともに,通風の良さを理想としてきた。通風が良いということは同時に換気が良いということであるが,この通風と換気それぞれにも ,調湿と同様,人間のためと建物のための双方の意味が含まれている。夏に通風が涼しさを感じさせるのは,風が人間の身体を直接なめ,汗の蒸発を積極的にし,気化熱を奪うことによる。 同時に建物の隅々まで風を当て,その表面からの水分の蒸発を促すことも通風の目的となっている。

他方,換気は人聞にとって四季にかかわらず必要で,新鮮な空気の供給と ,汚れた空気の排出をするものだが,建物にとっての換気は,水蒸気を水蒸気圧(絶対湿度)の高い室内から外気へ積極的に逃がすことである。とりわけ冬は,窓を閉ざし,暖房をするので,換気は忘れられがちであるし,また,やろうとしても同時に熱を逃がしてしまうことにもなるため,消極的にしか行われていない。かつて,木造住宅では,その生来のさまざまなすき聞から,少しずつ自然に換気が行われていた。しかし,コンクリート造や,枠組構法などの現代の木造,それにアルミサッシの利用などてる気密性の高い今日の住宅においては,厨房や浴室 ・トイレなどで部分的に,機械的換気が行われているほかは,全く考慮されていないといってよい。せいぜい ,プラスチック製の固定換気口を設けている程度で,それらは,換気装置として十分であればあるだけ,空気とともに熱も,そして音も漏らしてしまうようだ。もしここで,壁装に高性能な防湿層(ペーパーバリア)を設けようとするならば,室内の水蒸気を逃がす方法は,よりいっそう換気に頼ることになる。こうしたとき ,熱ロスの小さい熱交換式換気扇を用いるのも一つの方法であるが,できれば,木製サッシなど建築的な手段で,熱も音も失われない換気方式も考えてみたいところである。

一般的に吸放湿性のある素材は,透湿性もあり ,素材が周囲の湿度と平衡になるまで,吸放湿したり,透湿したりして,それ自身の調湿を図っている。夏は建物内外の温度差も小さし素材の平衡含水率も高いので吸湿平衝となり,逆に冬は素材が乾燥状態で放湿平衡となる。一般に固体の中の水蒸気の移動は遅いが,繊維状の素材の中では比較的スムースであり,木も,吸放湿や透湿の速度は良い方の部類に属する。したがって木製サッシのように,その内外が直接,建物内外と接していることは ,冬の調湿に,少なからず、役立っているのではないかと考えられる。他方,仕上げ材としての木や木質系の下地材は,その吸放湿能によって,夏の表面結露防止などの調湿的役割を,幾分かは果たしているといえよう。しかし,いずれにせよ ,こうした木の調湿への利用は,まだ今後の研究が必要であり,換気という ,水蒸気の放出という直接的方法を捨て去ってしまうことはできない。

住環境の調湿と建物の調湿

建築の調湿には,人間の居住環境の調湿と建物そのものの調湿という ,二通りの意味がある。建築の目的の一つは,そこに住む人のための微気候をつくることで,その機械的な解決が空気調整(空調)である。そしてそれは冷暖房,換気に加えて湿度調整(調湿)を行っている。もしこの調湿が,冷暖房と同様に,パッシブシステムとして建築そのものによって成されれば,それはまさにパッシプエアコンとも言えるわけで,シェルターやプロテクターの段階から,環境のコントローラーへと成長してきた建築にとって,さらに理想的なものとなるであろう。こうした調湿能力をもった住環境づくりのために,木の優れた吸放湿能力への関心が高まるのは当然である。幸い一定の温度のもとでの湿度(相対湿度)の適正域は,気温のわずかな差が人間の快,不快に及ぽす影響に比べれば幅が広い。したがって木に対する期待もあながち心理的なもとばかりは言えないが,日本の気候環境は,やはり生やさしいものではないので,今後の実験研究や材料の開発が望まれる。

他方,建物そのもののための調湿は,結露防止と同義であり ,注意深く行えば,十分建築それ自身で現実的なレベㇽまで可能である。結露は,壁や床,天井,あるいはガラスやサッシ, ドアなどの表面で起こる表面結露と ,床下,壁内,天井裏など建物の自に見えないところで起こる内部結露とに分けられる。また外気の温度の低い冬期のみならず,多湿な夏期にも起こっている。これらの結露は,いずれも雨漏りのあとのように建物を汚らしくするのみならず,腐朽菌を発生させて建物を傷める。さらにカビやダニを発生させ,人間の健康を損なうおそれもある。このように湿度の方が温度より建築そのものに大きい影響を与えるし,人間にとっても少なからぬ影響を及ぽしている。結露は建物の断熱や換気,冷暖房の仕方,あるいは生活の状況,さらに方位や気候など,その建物や部屋,部位がおかれている環境によって,大きく左右される。これらの中でもとりわけ換気と断熱と生活の仕方の三つの関係に,大きく影響されるが,だからといってそれらを単純にマトリックス的にとらえることは困難である。

しかし「結露は空気中の水蒸気が,その飽和温度より低い温度の物体に触れることによって生じる」こと ,「空気中の水蒸気は,絶対湿度(水蒸気圧)の高い方から低い方へと,わずかなすき間を通って流れている」こと,さらには「気温の高低と水蒸気圧の高低とは比例する関係にあり,熱と湿気は同じ方向に流れる」ことなどを考え合わせると,異なる二つの温度あるいは湿度環境を直接的に隔てている壁装の構法が,天井や床を含めて結露の発生や,防止に大いに関係しているのは確かで、ある。したがってここでは,この壁装を中心に,建物の,とりわけ結露を生じやすい部屋や部位を取り上げて,建物の調湿の問題を考えてみたい。

塗装業界に悪質業者が多い理由

リフォームのなかでも、塗装業界、リフォーム専業会社に悪質業者が多いと言われます。
そうした顧客の信頼を裏切る業者が多いのはとても残念なことですが、なぜそのような業者がはびこるのでしょう。
外壁などの塗装は、本来10年以上持つはずの塗装が、塗装工事から数年、ひどい場合には数ヶ月で剥がれてしまったなどということがあります。
これは塗装前の洗浄が不十分だったり、質の悪い安い塗料を使ったなど、さまざまな理由が考えられますが、塗装した直後には、抜き工事だということを見破るのは一般の人にはとても難しいということがあります。

そしてまた、塗装工事の手抜きはいくらでもできてしまうのです。
100万円支払っても、実際は50万円の価値しかない工事だったりします。
「塗装工事には定価がない」とも言われます。
適当な基準で見積もられでも、それが高いのか、安いのかという判断は非常に難しいのです。

しかし、定価がないとはいうものの、相場というものはあります。
それが相場に照らして高いか、安いかを見極める、必要があります。
工事の相場は、 ペンキなどの塗装材料費、人件費 (職人の日当など)、利益(会社の営業費、手数料)で相場は決まります。
こうした悪質業者の見積もりに対して、みなさんが適切な判断ができないのは、工事についての知識がないからです。
そこにつけこまれ悪質業者の言いなりになってしまい、結果として知らないところで手抜きをされてしまう可能性がありますので頭に入れておきましょう。

水性塗料・粉体塗料の使用

理想的な環境対応型塗料は水性塗料です。
水は分子量が低いのに蒸発速度は遅いという特殊な液体で、溶剤代わりに水を使用すると樹脂を溶かせないので、一部に水に親和性のある構造を取り入れ溶解、または水中に分散します。
ですが親和性を強くし溶解性を上げると塗膜の耐水性が低下するので(外壁塗装等への使用が難しく)、塗料用樹脂としてコロイダルディスパージョン型・エマルション型を使用しています。

次に水の蒸発速度の遅さに対して自動車ではスプレー時に低粘度、塗着時に高粘度になるよう塗料の設計が成され、たれやアルミニウム顔料のムラを防いで次のクリヤ塗装前には赤外線や熱風を用いて水を蒸発させています。
水性塗料は表面張力が大きいためはじきやわきを生じやすく、一般的な水性塗料では、塗装作業性・成膜性向上のため塗装中に少量の有機溶剤を併用します。

理想的なもう一つの塗料は基本的にVOCゼロの粉体塗料です。
熱硬化性粉体塗料にはエポキシ樹脂系、エポキシ/ポリエステル樹脂系(一般金属用途)、ポリエステル樹脂系、アクリル樹脂系(屋外使用の金属製品)があります。
樹脂、硬化剤の選択には塗膜の性能だけでなく粒子の凝集への配慮が必要です。

問題点としては
●使う側:専用塗装ブース、塗装ガンなどの設備が必要。色替えが面倒、塗膜外観性が劣る等
●供給側:製造に手間がかかる、色合わせが難しく少量多品種生産に向かない、メタリック塗料が造りにくい等

一方で粉体塗料は一回塗りで厚膜塗装も可能、強靭な膜を形成することができる優れた材料でその特性から家電、自動車部品、金属製品等の多分野で活用され、今後の需要増が期待されています。